ご利用者様へ

訪問看護って

なに?

訪問看護とは

 訪問看護とは、看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示や連携により行う看護(療養上の世話又は必要な診療の補助)です。病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、住まいで最期まで暮らせるように多職種と協同しながら療養生活を支援します。


 当事業所からお伺いするのは、看護師免許を持つ看護師です。また、作業療法士が必要に応じて訪問しています。保健・医療現場での十分な看護の経験・知識・技術をもつ専門家が担当いたします。また訪問看護師・作業療法士になってからも、必要な最新の知識技術についての教育やトレーニングを受け、常にその能力を向上させています。そしてスタッフのだれもが、訪問看護というサービスの提供者としてのプロ意識と"熱意"にあふれています。

どんな人が受けれるの?

 疾病・障害をもち、療養をしながらご家庭で生活されている方。ご本人だけでなく、支えているご家族もサポートします。


 訪問看護を必要とする全ての方を対象とし、赤ちゃんからお年寄りまで、性別・国籍・宗教・地域等に関係なく実施されます。


 平成12年4月から施行された介護保険で、要支援・要介護に認定された方はもちろん対象です。

どんなことを

してくれるの?

訪問看護で出来ること

かかりつけの医師と連絡をとり、心身の状態に応じて次のようなケアを行います。
入退院についてのご相談や、必要に応じ他の様々なサービスをご紹介したり、関連機関と綿密な連携をとり、利用者が安心して豊かな療養生活を送れるための様々な支援や調整をします。

訪問看護のご利用方法

訪問看護は医療保険(健康保険・国民健康保険)、介護保険でサービスを受けることができます。

どちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要となります。

利用するには?

医療保険でのご利用方法

 赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。
 
 ご利用を希望する際には、かかりつけ医にご相談ください。訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。

費用について

 70歳以上の方は原則として費用の1割(現役並みの所得者の方は3割​)の負担となります。
 70歳未満の方は原則として費用の3割(義務教育就学前は費用の2割)の負担となります。
 一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは差額負担、交通費、おむつ代、死後の処置は実費を負担いただきます。

介護保険でのご利用方法

要支援、要介護認定が前提となります。
 
​「要支援1〜2」または「要介護1〜5」に該当する方は、ケアマネージャーに相談しし居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

費用について

毎回、他の居宅サービスと同様に費用の1割が利用者負担となります。支払限度額を超えるサービス、保険給付対象外サービスは全額自己負担となります。